さとり世代とゆとり世代

スポンサードリンク

さとり世代とゆとり世代

つくし世代の苦悩

さとり世代はゆとり世代をもっと質素にした感じです。

 

基本的な特徴はゆとり世代と同じですが、それに加え、より他力本願要素が強く、してみたいけれど辛い思いまでしてしたくない、無理までしたくないとゆう考え方をしています。

 

ただこう考えるようになった背景としては、ゆとり世代がそうですが、やはり日本経済が不安定だと植え付けられたからかもしれません。

 

バブルは聞いた事ある程度でしょうが、リーマンショックなどでお金は使うより貯めておく物、いつ何があるかわからないので欲しい物は最低限だけ買う、そもそも無くても困らないし、一生懸命頑張っても経済が傾けば末端の自分達が結局は痛い目をみると考えています。華やかな時代を知らない上にそのようなニュースや社会を観てきたら、こう考えてしまうのもわからなくもないです。

 

ただ、自分の興味や趣味には積極的なようですが、恋人や恋愛もどちらかとゆうと消極的で人と関わると軋轢が生じる可能性があるので、それがしんどい、なら最初からやめておこうとなるようです。

 

そんなに嫌ではないなら言われれば動くとゆう感じでしょう。つくし世代は、少しちがい、自力本願です。

 

何度も書きましたが個性は認め楽しい事が好きなのでその中で少し衝突があっても、基本が同じだからと、それもその人の考え方と割り切るようです。

 

さとりは関わるのも相手が望めば感が強いですが、欲がないわけではありません。その点つくしは自分が望む相手と望むかたちであればどんどん仲を深めていきます。

スポンサードリンク