つくし世代も十人十色

スポンサードリンク

つくし世代も十人十色

つくし世代の苦悩

つくし世代だからといって、勿論みんながみんなではなく、引っ込み思案の人もいるだろう、比較的内面世界から内から考える影響を拒む人間はいつの世代もいるものだ。

 

つくし世代が物心ついたときの環境の特徴から語ると、情報に溢れ少し調べればあっという間に詳しくなれる事が無数に存在する。

 

そして、発信をすることクォリティの高い表現をすることも全く難しくない。

 

彼・彼女らにとっては、目の前に与えられたものを素直に深堀するというよりは、選ぶセンスが重要なのである。選ばない事が大切というメッセージもあるほどだ。

 

情報過多になったからこそ、迷わなければ何にでもなれるような気持ちがある。

 

そして、表現する方法だって、昔のようにホームページ制作の基礎を学ばなければならないという状況でもなければ、誰かが作った場のルールに従って何かをするというわけでもない。

 

常に自分の発信基地を手軽に作れる。手軽に作れると言っても昔のように匿名性ではない文化になりつつあり、続けることで得る認知度というのも存在するからこそ、客観的な意識も訓練されるものだ。

 

ただ、そこにルールを選ぶ理由も無いからこそ、昔のような発信者としてのネチケットという様な堅苦しさのある方向での洗練すら選んだりはしない。

 

客観的にわかるようにエモーショナルライティングを行う意識もなく、口語的に一言二言で語りそれだけで伝わるコミュニティを形成していく事も特徴だ。

 

もう少し価値観という視点ではなく、ぱっと見た平易な事から語ると。

 

センスが大事だからこそ、いかに新しい切り口を考えられるか?要するにサプライズをおこそうというチャレンジ精神はかなり熱い。

 

そして、まるでセールスマンの振る舞いのように、明るく簡潔にを大切にして情報を発信する。

 

個性は認められれば個性という価値観はあるのだが、ただ過半数にというよりは、ニーズの多様化など当たり前に肌に感じているからこそ、自分の価値観と近い過半数に知ってもらうという事がメーンテーマとなっており、個人主義な利にある程度グループを作れることが自己承認欲求の満たし方なのである。

スポンサードリンク