ゆとり世代とつくし世代

スポンサードリンク

ゆとり世代とつくし世代

つくし世代の苦悩

ゆとり世代とつくし世代先程もかきましたが、ゆとり世代の下の世代につくし世代があります。

 

ゆとりの要素を受け継ぎ、SNSが発達したので益々個性重視の同じ感覚やタイプの人達だけで繋がれるようになりました。

 

そしてゆとりよりも、より同じ価値観の人達との繋がりによって、自分の事を守るために人に尽くすようになりました。

 

人に尽くせば喜んで貰えるしそれがまた自分に返ってくる。とにかくコストがかかる関係や物を嫌がります。自分と同じ感覚のものに価値を感じます。

 

そして合言葉の"それな"もつくし世代の象徴的な言葉です。意味はそのままですが、そうだよね、同じ気持ちですよとゆう意味です。

 

合意の時も使いますが、待ち合わせや約束の時に、OKとゆう意味でも使いますし、否定する時にも使います。

 

仲間意識はとても強いので、そのあたりはゆとり世代と少し違うのではないでしょうか。個性を重視しますので世代や年齢などのボーダーは低いように思います。

 

それぞれがそれぞれの大切な物や感覚を伸ばしていこう、好きな物は好き、尊重しましょう、その代わり干渉もしないしアドバイスや、説教なんてとんでもないとゆう関係を好みます。

 

ゆとり世代もつくし世代も基本的には失敗のリスクを取りたくないので自分から動くよりも指示を待ちますし、そちらの方が楽なのですが、つくし世代は共感でき尊敬出来る方だと自分から動く場合もあるかもしれません。

 

自分から動くのが嫌なのは、失敗した時に怒られたくないのと自分のせいになったら嫌だからです。

 

自発でなければ指示があったから失敗したと言えるので信頼関係があればまた仕事などのパフォーマンスレベルも変わるかと思います。

スポンサードリンク