つくし世代の特徴・年代・年齢

スポンサードリンク

つくし世代とは?特徴・年代・年齢

つくし世代

つくし世代とは2002年以降に入学した小・中教育改革の授業を受けた1987年4月2日~2004年4月1日生まれの2017年現在13歳~30歳が該当する人達をゆとり世代と呼び、その下の世代になるのが、さとり世代、つくし世代になります。

 

ゆとり世代の期間の中にさとりやつくしがある形です。

 

つくしとは植物の土筆ではなく、尽すから来ていると言われ、人に尽す、幸せを共有するとゆう感覚の人達を指すようです。

 

詰め込み式の勉強や暗記や、根性論などをやめて、自分で考えて無理なく学習していく方針の下で育ってきた人達ですが、ゆとり世代とゆう揶揄までされるような括りになっています。

 

そもそも、その前に育ち教育を受けてきた人達によって作られたカリキュラムで教育を受けさせられたにも関わらず、役に立たない、出来が悪いような言われ方をするのが少し気の毒でもありますが、勿論全員ではないですし性格もあるので、やり方によっては合理的で融和的なものを作っていける人達になると思います。

 

つくし世代は基本的にゆとりの派生なので感覚や考え方としては同じであり、人に叱られたり強いられるとやる気が落ち、ストレスに弱い、失敗をしたくないので失敗しない物を選ぶ、仕事に関してもプライベート充実の為に働く意味があるので、よく聞く話ですが、上司や先輩に仕事終わりに誘われても断るといった特徴がみられます。

 

仕事の内容も、出世を望むとゆうよりは、そこの会社で転職や独立の為に必要なステップアップができる力を付けたいとゆう考え方なので、責任感が要る重い仕事や愛社精神とゆうものは薄いと思います。

つくし世代の特徴

つくし世代の特徴

つくし世代の特徴つくし世代のつくしは"尽し"です。人に尽す事や、共有して楽しむ事に重きを置いています。

 

ただ、この尽しは、犠牲心や他人に献身的にする為にするのではなく、一言でゆうと保身に近い物があります。

 

聴こえは良くないですが、自分の精神が安定する為に人に尽くします。だからと言って社交性があるわけではないので、苦手な人とは関わりません。

 

苦手な人と関わると自分が安定しないので尽す意味がないからです。なので、自分が安定や安心できる人達とはどんどん関わります。

 

SNSなどは最たるもので、自分の好みを共感して貰いやすいですし、気に入らなければ逆に繋がらなくてもいいのです。

 

繋がりたい人とだけ繋がり、お互いが共感や好きそうな物を共有する為に情報提供する=尽すとゆう感じになります。

 

イベント事や、パーティなどを大切にしますし、サプライズプレゼントなども積極的に渡すようです。個性も大切にしますが、自分尊重が重要なので協調性がなく見えてしまう場合もあります。

 

人からあれこれ言われたくないので注意されると、自分の個性だと主張したりしますが、反面リスクを嫌うのでルールは守る傾向にあります。

 

無駄を嫌いますが、願望や欲はあるのでコストパフォーマンスを気にしながら生活します。車もよく言われる例えですが、維持費や駐車場など諸々掛かってきます。

 

絶対に必要な地域ではない以外だと持つ意味を見出せません。贅沢をしないとゆう事でもありますが合理的優先とゆう思考のようです。

 

>>つくし世代の苦悩

スポンサードリンク

更新履歴